喜多方探訪~願成寺

会津大仏で知られる願成寺は嘉禄3年(1227年)に浄土宗の開祖法然の高弟である隆寛律師が開基し、慶長16年(1611年)には会津松平家がこの会津地域で唯一庇護した寺であったと伝えられています。この山門は元禄11年(1698年)に竣工した楼門造りで禅宗様と和様を混ぜた建築となっています。