長床(新宮熊野神社)の大イチョウ紅葉

源頼義・義家親子が1055年に紀州熊野から熊野堂村(現在の会津若松市河東町)に創建したのが始まりと伝えられているここ新宮熊野神社には、大イチョウの紅葉を見にこの時期には多くの観光客の方が訪れます。今日は3時半に撮影して来ましたが他県ナンバーの車も数台停まっておりました。

喜多方探訪~願成寺

会津大仏で知られる願成寺は嘉禄3年(1227年)に浄土宗の開祖法然の高弟である隆寛律師が開基し、慶長16年(1611年)には会津松平家がこの会津地域で唯一庇護した寺であったと伝えられています。この山門は元禄11年(1698年)に竣工した楼門造りで禅宗様と和様を混ぜた建築となっています。

今の時期は蕎麦畑がきれいです。

蕎麦の花が一面に広がり真っ白な蕎麦畑があちこちに見られる今の時期の喜多方です。しかしこんなにたくさんの蕎麦の実を収穫しても蕎麦粉にすると僅かな量にしかならないので蕎麦畑を管理されている方には頭が下がります。そのおかげで美味しい新そばを食べれるのももうすぐのようですね(o^-‘)b

三ノ倉のひまわりが満開ですが・・・

ようやくひまわりが満開になりましたが、駐車場に停めるのに渋滞2キロ(涙)。ようやく臨時駐車場へ車を停め、無料シャトルバスに乗っていざひまわり畑へ。しかしここ2~3日の雨、風のせいか結構倒れているひわまりもあり、渋滞を我慢し、シャトルバスにまで乗って見に行ったにしては感激は今イチでした。花は自然に左右されるので仕方がないかもしれませんね。もし見に行かれる方は渋滞を避けるために早朝行かれることをお勧めいたします。倒れ掛かったひまわりの写真もアップしておきます。