黄色い絨毯のようでした。(長床の大イチョウ)

喜多方市の新宮熊野神社にある国・県・市指定の重要文化財「長床」の前には樹高37メートル、幹周り8メートルの全国でも最大級の大イチョウがあります。樹齢は800年以上ともいわれ、ここ熊野神社の御神木となっております。ちょうど今の時期にはイチョウの落ち葉が黄色い絨毯のようになり多くの観光客を魅了します。夜にはライトアップされ、日中とはまた違った幻想的な世界が見られます。

Translate »