最新情報

最新情報をお届けます

喜多方探訪~願成寺

会津大仏で知られる願成寺は嘉禄3年(1227年)に浄土宗の開祖法然の高弟である隆寛律師が開基し、慶長16年(1611年)には会津松平家がこの会津地域で唯一庇護した寺であったと伝えられています。この山門は元禄11年(1698年)に竣工した楼門造りで禅宗様と和様を混ぜた建築となっています。

今の時期は蕎麦畑がきれいです。

蕎麦の花が一面に広がり真っ白な蕎麦畑があちこちに見られる今の時期の喜多方です。しかしこんなにたくさんの蕎麦の実を収穫しても蕎麦粉にすると僅かな量にしかならないので蕎麦畑を管理されている方には頭が下がります。そのおかげで美味しい新そばを食べれるのももうすぐのようですね(o^-‘)b

三ノ倉のひまわりが満開ですが・・・

ようやくひまわりが満開になりましたが、駐車場に停めるのに渋滞2キロ(涙)。ようやく臨時駐車場へ車を停め、無料シャトルバスに乗っていざひまわり畑へ。しかしここ2~3日の雨、風のせいか結構倒れているひわまりもあり、渋滞を我慢し、シャトルバスにまで乗って見に行ったにしては感激は今イチでした。花は自然に左右されるので仕方がないかもしれませんね。もし見に行かれる方は渋滞を避けるために早朝行かれることをお勧めいたします。倒れ掛かったひまわりの写真もアップしておきます。

三ノ倉ひまわり畑開花情報

開花が遅れていた三ノ倉のひまわり畑ですが、ようやく7~8分咲き程度になりましたので今週の土、日頃からは見頃になると思われます。今日も結婚式用のスチール撮影を行っていたウエディング姿のカップルに出会いました。平日の今日でさえ観光バスや他県ナンバーの車で結構駐車場はいっぱいでしたので土、日と混雑は覚悟で是非この圧巻のひまわり畑を見に行かれてはいかがでしょうか。


三ノ倉ひまわり畑情報

圧巻のひまわり畑が見れるのもまだまだ先のようです。今年は生育が若干遅れているようで、見頃はお盆過ぎから8月下旬頃になるのではないかと思われます。とりあえず本日8月5日時点の写真をアップ致します。撮影している間もひまわり畑を楽しみやって来た車が何台もおりました。この写真だけでは寂しいので駐車場脇にひっそり咲いた僅かばかりのひまわりだけアップしておきます。

Translate »